about

about

<実家なんとかし隊とは>

親の介護、空き家問題、相続… ’実家’は、現在の社会問題に大きくかかわっています。 実家なんとかし隊は、専門家と当事者が一緒に、様々な角度から実家のお悩み解決に取り組む非営利団体です。

連絡先:domatokoagarip@gmail.com
最新情報は、SNSをご覧ください。
facebook:https://www.facebook.com/jikkanantokasitai/
twitter:https://twitter.com/domatokoagarip

主な活動:実家ケアラーのためのお悩み解決セミナー&情報交換会、実家の不用品リサイクルなど
(世田谷区を中心に活動中です。出前勉強会等については、上記連絡先へお問い合わせください。)

当団体の活動についての評価は、一財)世田谷トラストまちづくりのホームページでご覧頂けます。
http://www.setagayatm.or.jp/trust/fund/this_year_group.html
http://www.setagayatm.or.jp/trust/fund/pdf/2018/26th_2kai_kouhyou.pdf


<活動のきっかけと今

実家にあふれるモノの処分に悩む同世代の仲間たちが助け合い不用品リサイクルバザーを開催したのがきっかけで、世田谷区千歳烏山で2015年4月「実家なんとかし隊」を設立。

リサイクル活動を通じて、多くの同世代の当事者から「実家でなんとかしたいのは、物品整理だけではない!」「実家の問題が広範囲にわたり、解決には様々な知識や手続きが必要だが、どこから手をつけて良いかわからない。内容を理解しないまま進めざるを得ず、手間と時間ばかりかかり、とても大変で不安」という声を聞きました。

そこで2017年度より、ケアを担う側の知りたい、聞きたいに答える「実家のお悩み!解決セミナー」の定期開催を、コミュニティカフェでスタート。仕事や子育てに追われるケアラー対象の休日開催の学び合いの場はあまりないので、小規模のイベントながら、当事者、専門職、学生のほか、関連する各所から興味を持っていただき、大変意義深いイベントとなっています。


<活動の歩み

2015年度:実家に「モノがあふれて片付けられない」状態をなんとかするため、世田谷トラストまちづくりファンド(はじめの一歩部門)の助成を受け、実家の不用品リサイクルバザーを開催。そのほか被災地や実家の片付けサポート、勉強会も実施。

2016年度:不用品バザーコーナーを常設。地道にリサイクル促進活動を続け、初年度と同様の参加実績を維持。活動をする中、多くの参加者から、情報不足で実家の諸問題に上手く対処できず悩んでいるとの声を聞き、対策を検討。

2017年度:「世田谷トラストまちづくりファンド」まちづくり部門の助成を受けて、ケアする側が効率よく総合的に介護や相続について学べる「実家のお悩み解決セミナー&情報交換会」をスタート。総実施回数は26回、のべ500名以上が参加(2019年4月現在)。同時に賛同者向けに特典付きの無料会員登録制度を開始(2019年4月現在会員数119名)。年度末には勉強会参加の専門家チームの協力で、実家のことで「困った時に本当に役立つ連絡先」リストを完成。また地域の他団体との交流もうまれ、コラボイベントに初挑戦(「福祉な暮らしデイ2018」)、のべ約100名が参加。

2018年度:専門家チームによる個別無料相談を会員向けに開始。勉強会の参加費を、誰もが参加しやすいように値下げ(一口500円からのお気持ち制へ)。他団体とのコラボイベントも、規模や回数を拡大して実施、のべ約250名が参加。

2019年度:毎月の実家のお悩み!解決勉強会のほか、世田谷区の関連諸団体の協力を得て、新たに①深刻な少子高齢化社会を担う若年層への問題提起や情報提供②子供に頼らない終活のニーズに対応した勉強会、などを企画。

★「実家のお悩み!解決セミナー&情報交換会 2019~2020」の最新スケジュールは、活動情報記事をご覧ください。(スケジュールは変更する場合がありますので、ご注意ください。)